昇龍道プロジェクトへの取組み
中部国際空港セントレアから能登半島への中部縦断ルートを『昇龍道』と名付け、中部広域観光協議会を構成する9県と関係団体により昇龍道プロジェクト推進協議会を立上げ、中華圏からの誘客活動を展開しています。郡上地域活性化協議会では食品サンプルの技で昇龍模型を製作し、郡上をPRしようと取組んでいます。
           

▼第50回郡上地域活性化協議会
・5月24日(木) 協議事項
平成23年度事業報告並びに決算報告について
平成24年度事業計画(案)並びに予算計画(案)について
文化講演会の開催について
八幡城山周辺現地調査の中間報告について
   
▼『第3回源流の森育成事業』に協力・参加しました
・5月13日(日) 場 所 白鳥町六ノ里地内山林
主 催 郡上漁業協同組合
当日は各種団体のボランティア約150名が参加し、ミズナラ、キハダ、ホウノキなど広葉樹の苗木4,000本を植樹しました。
   
▼八幡城山周辺現地調査
・5月11日(金)

協議会メンバーにより八幡城周辺の現地調査を実施しました。
・コース 城山公園駐車場→登り道・近道→城周辺→林間広場
     →散策道ハギのみち〜野草のみち→八坂神社→上柳町
上記コースを歩き課題、問題点について確認。今後、課題を整理し調査報告書を作成します。またお城では“八幡城の合戦”や“からめての戦い”などの説明を受け郷土の歴史を勉強しました。